敏感肌・乾燥肌のスキンケアブランド DECENCIA

SKIN CARE

バレンタインの美肌の鍵はストレスケア

メークのりが悪くなるバレンタインの季節

メークのりが悪くなるバレンタインの季節

2月は、節分やバレンタインデーなどイベントがたくさん。特に、大切な人と過ごすバレンタインデーは綺麗に見られたい気持ちから、いつもより一層、化粧品選びやメークにも力が入りますよね。

なかでも30〜40代の女性は、バレンタインデーのベースメークにおいて、10〜20代の女性と比べ約1.5倍も力を入れているという結果もあります。

しかし、そんな思いとは裏腹に2月は肌が荒れやすく、メークのりが悪くなる時季。原因は、年間でも一二を争うほど角層の並びが乱れやすく敏感肌に偏りやすくなることにあるのです。

ストレスが少ない2月は美肌への挽回チャンス

その一方、年間で一番ストレスを感じることが少ない時季でもあることが、ポーラの調査結果から判明しています。

ストレスがなく、リラックスしている(自律神経の緊張がない)状態は、角層の状態や血行が良好になり、スキンケアが浸透しやすい肌になる効果もあるため、この時季はお手入れ次第できれいになれるチャンスでもあるのです。

Tips: 潤い補給にストレスケアを取り入れて

Tips: 潤い補給にストレスケアを取り入れて

角層が乱れ、敏感になっている肌には、敏感肌用の化粧水でしっかり潤い補給してあげることが大切。

そして、この時季は特にストレスケアを意識した化粧品選びのポイントを2つ押さえるだけでも、美肌挽回の近道となるのです。

 

<化粧品選びのポイント>

(1)心地良い感触

(2)リラックス効果のある香り

 

心地良い感触、香りによるお手入れで、リラックス効果を高めることで角層の状態や血行が良好になりスキンケアが浸透しやすい肌になります。香りは、合成香料ではなく、天然植物エキスで香りづけされているものを選びましょう。

アヤナス コンセントレートシリーズは、ストレスケア成分配合に加え、リラックス効果のあるゼラニウムとラベンダーの天然植物エキスで香りづけされているため、よりストレスケアに効果的です。

 

角層が乱れ、敏感肌になっているときこそ、化粧品を選ぶ際にストレスケアを意識してみてくださいね。